JSAI2495

個人開発やマーケティングに関する話題を発信。

被リンクの効果はいつ現れる?個人開発のSEO対策事例

f:id:jsai2495:20210530213627j:plain

私のサイトは、カメラの価格に関する話題を扱っている個人開発Webサービスですが、運営開始から約2年経ったものの、良質な被リンク(バックリンク)がない状況でした。そこで最近、SEO対策の外部対策であるリンクビルディングに力を入れていたのですが、ほぼ同時期に世界中から80以上の被リンクを得ることができました。そこでこの記事では、リンクを獲得してからどれくらいの期間でサイトの順位が変動したかをご紹介します。

ちなみにリンクビルディングとは、他の人気の高いサイトから被リンクを獲得することを目標とし、それを実現するためにはどうしたらよいのかを考え、実行していくことです。SEOという概念が生まれたときから現在に至るまで、リンクビルディングによって質の高い被リンクをより多く獲得していくことが、おそらく最も優れたSEO対策でしょう。

今回被リンクを獲得したサイトの中から、高ドメインランクのサイトを一部抜粋した表が以下になります。なお、ドメインランクの調査には、有料ツールのahrefsを使用しています。

ドメイン ドメインランク nofollow
9to5mac.com 85
www.cnbeta.com 79
www.digitalinformationworld.com 79
wccftech.com 77
tech.onliner.by 76
ezone.ulifestyle.com.hk 75
skypost.ulifestyle.com.hk 75
iphone-mania.jp 71
mediatrend.mediamarkt.com.tr 71
www.notebookcheck.com 68
dev.by 66
ipad.iphoneitalia.com 64

リンクのタグのrel属性にnofollowが付与されているリンクが2つほど含まれていますが、最近のグーグルはnofollowだからといって、全く評価しないうわけではないことから、nofollow付きリンクも含めました。

これらのリンクはすべて自然リンク、かつ各サイトのメインコンテンツ内からリンクされていますが、1回のリンクビルディングの成果としては、かなり上出来な部類ではないでしょうか。

3日後には順位が大きく変動

被リンク獲得後、3日後に被リンクの効果が現れました。つまり複数のキーワードで順位の大きな上昇がみられました。ちなみにmozのブログでは、被リンクを得てから検索順位の上昇が見られるまで5~10週程度の時間がかかったという報告がありますが、いつ順位に変動がみられるかは、キーワードの難易度や、一度に付いたリンクの数など、様々な要因で違いがあるものと思います。

私はこれまで、"cheapest country to buy camera"という難易度が低い複合検索キーワード、いわゆるロングテールキーワードで検索順位の状況をチェックしていたのですが、こちらは10位から4位になりました。

またこれまで100位圏内にもいなかった、"price comparison camera"と、"camera price list"いうキーワードでは、それぞれ15位・11位と、急上昇が確認できました。検索時はグーグルの設定で、検索結果の言語を英語、検索対象地域をアメリカに変更して検索を行っています。

被リンク獲得1ヶ月後の順位

検索キーワード 順位
cheapest country to buy camera 4
price comparison camera 11
camera price list 100位圏外

1ヶ月が経った現在では、3日後には圏外から11位につけていたキーワードがまた圏外になってしまうなど、満足のいく結果とは言えません。私の個人的な感想としては、これだけの質と数の被リンクを獲得してもなお、限りなく難度の低そうな"cheapest country to buy camera"という検索キーワードですら1位を獲れないのか・・というのが素直な感想です。ahrefsがSEO効果を得るには被リンクの質と量が重要と言うように、まだまだ量が足りないのかもしれません。

ただこの1ヶ月間の間、すべてのキーワードにおいて一旦順位が下降した後、再度上昇するような動きをみせているので、今後まだ伸びていくかもしれません。もちろん下降していく可能性もあります。

個人開発に関する話題を発信。新しい記事の通知はこちらから @jsai2495